人材紹介を活用する

なぜ保育士専門の人材紹介会社が存在するのか?

人材紹介

転職といいますと、自分で求人情報を見てエントリーして、書類が通れば面談し、内定を獲得するという流れが一般的かと思いますが、保育士専門の求人サイトと人材紹介会社が存在しうる理由をしっかりご理解していただけていますでしょうか。そこを理解することでより、「人材紹介会社を上手に使い倒すこと」が可能になります。

保育士専門に限ったことではありませんが、やはり「資格が必要であること」「人間関係が複雑であること」「助成金枠での運営」など大きな課題は、一般の総合紹介(転職支援)とは少しことなった特殊なところがあります。

「困ったを解決」それが人材紹介会社の使命


なぜ保育士専門の人材紹介会社が存在するのか?をご紹介したいと思います。大きく考えると3つに絞られます。3つの困ったを解決するにはやはりプロフェッショナルに力を利用することでスムーズに、短時間で解決できるのです。

人事にかける時間がない

保育園側の課題です。
人事にかける手間・時間がないのです。理由としては保育士の不足です。少子高齢化とはいえ、保育士が少ないのです。理由はなんとなくご理解いただけるかと思いますが、「給与が少ない」「働き方が不定期」「土日確実に休みではない」という理由により、人材が少なくなってきております。

保育園としてはどうにか人員を確保したいのですが、保育士がいないので、クラスを受け持ったり、サポートしたりしているにです。ですから人事にかける時間がなく、人材紹介会社へ依頼するというロジックです。

ベストマッチな求人案件を探している

求職者側の課題です。
保育園の退職理油トップグロープに「人間関係」が上がります。これは、職場がミスマッチであったと言えます。数年働いて慣れ親しんだ園を退職するのは心苦しいかと思いますが、他にもたくさんの園があるのです。ですので、悩みを家計ケツしてくれるようなベストマッチを探す必要があるのですが、通常の求人媒体ですと自分で確かめなくてはいけません。ですので、求人案件をご紹介してくれる、園の内容を紹介してくれる人材紹介会社が必要なのです。

転職の仕方がわからない

求職者側の課題です。
初めて転職をされる方であれば確かにそうですね。しかし、転職自体そんなに数をこなすものでもないので転職の仕方がわからなくて当然といえば当然です。ご安心ください。そのために人材紹介会社があるようなものです。
人材紹介会社が提供してくれるサービスとして、お仕事紹介が当たり前なのですが、他にもありますので、チェックしてみましょう

  • 履歴書・職務経歴書のチェック
  • 面接対策
  • キャリア・ライフプランでの相談
  • 年収交渉
  • 面接日程・入社日日程調整
  • 入職後の相談

いかがでしょう。
新しい職場への入職後もしっかりしてくれるのです。しかし、この入社後フォローはエージェントと密に連絡を取り合うことが大切ですね。

ゆりかごから墓場まで・・・
ではないですが、保育士という職種だけではありませんが、自分の人生を左右する一大イベントです。しっかりサポートしてくれるエージェントを選びましょうね。

その他・まとめ

採用する側と求職者側の課題を上手くビジネスにした形で人材紹介会社があるのです。「ビジネス」というと聞こえは悪いかもしれませんが、やはり民間企業ですし、それで企業を運営していくには「認めてもらうための努力」をこなしております。それが保育園と求職者さんとのマッチング実績になるのです。

人材紹介会社も参入障壁としては低いのでさまざまな企業があります。しかし、「保育士のみなさんにとって良い人材紹介会社は?」と質問されれば間違いなく保育士特化の企業と答えられます。それくらい、難しい職種でありますし、心・気持ちを理解できるエージェントでないと一気に信頼も落ちますからね。