コラム

保育士と幼稚園教論の夏休みスケジュールの違い

休み

保育園とは違って、幼稚園は夏休みが長いなんて言われていますが、実際問題、保育士と幼稚園教論、夏休みってどうなっているのでしょう?今回はそんな疑問に答えていきます。

まず、保育園は夏休みだからといってまとまった休みはありません。夏休みのお盆期間中は登園する園児が減るので、交代で休みの日があります。土日祝日に合わせて有給を消化し5連休ほどとるか、ゴールデンウィーク、年末年始くらいしか3連休以上の休みをとることはできないようです。しかも、土日祝日に合わせて有給をとるのは先輩からなので、新人のうちはなかなか厳しいかもしれません。

幼稚園は、夏休みが1か月~1か月半あります。しかしその間に、夏季保育が1週間程度、飼育物の世話・清掃・事務関係などを行う日直が2日程度、教育関係主催講習会に2日程度出席しなければなりません。実質2週間程度夏休みになるので、ゆっくり休める日もあります。旅行に出かけるのもいいと思います。夏休み期間中に預かり保育を実施している幼稚園だと順番で出勤します。ちなみにそれだけ休みがあるにもかかわらず、お給料はしっかり1か月分もらえます。

いかがでしたか?
これだけ見ると保育園のほうがラクに見えるかもしれませんが、保育士も幼稚園教諭もそれぞれ大変なところがあります。ただ、海外旅行好きな方は幼稚園教諭をオススメします!!
そして最後に、園によって夏休みのスケジュールも十人十色なので、しっかりと確認してください。