仕事の悩みを解決

企業内保育士として働くために知っておいてほしいポイント

企業内保育士

企業内保育とは?

企業内保育とは、企業内もしくはその近隣に設置された保育施設で、認可外保育施設となっています。企業で働く従業員に向けた保育施設ですが、待機児童解消のために近隣地域の児童を受けて入れている保育所もあります。産後の母親の早期職場復帰を手助けし、育児と仕事のバランスをとることができます。女性の社会進出、待機児童問題の影響で、需要が高まっている企業内保育は、単独利用型、地域開放型、共同利用型、共同設置型の4タイプに分かれています。

  • 単独利用型:1社単独で設置・運営し、自社の従業員の子供を受け入れる
  • 地域開放型:1社単独で設置・運営し、自社の従業員の子供の他、地域児童を受け入れる
  • 共同利用型:1社単独で設置・運営し、自社の従業員の子供の他、近隣企業の従業員の子供を受け入れる
  • 共同設置型:複数企業で設置・運営し、運営している企業の従業員の子供を受け入れる

保育士目線から見る企業内保育って?

企業内保育にも、正社員・契約社員・非常勤と就労形態はさまざまあるので、自分に合ったものを探すことが可能です。企業で働く人と同じような福利厚生制度を受けられるという点が大きなメリットといえます。また、企業内保育所は、通常の保育所に比べて親が参加する行事が少ないといわれています。保育士にとって行事は様々な準備に追われるため、その行事がないことで仕事量が軽減されます。

大手企業の企業内保育所で働く場合には、福利厚生がしっかりしており、賞与もあるケースが多く、安定的な収入を得ることができます。月給165,000~250,000円と一般の保育所に比べて給与水準が高いので、給与アップを見込みたいという方には企業内保育の求人を見ることをオススメします。保育士を自社で雇わず、外部委託・派遣している企業もあります。

労働時間は、従業員の就業時間に合わせた時間となっているため、通常の保育所とは違い、また企業によってばらつきがあります。

最後に忘れてはならないのが、企業内保育所は認可外のため、保育士の数に規定がないということ。通常の保育所と比べると、子供の数が変動しやすいです。企業内保育所は比較的に子供の数が少ないため、子供たちひとりひとりとしっかりと関わりを持てる場でもありますが、保育士の数に規定がないため、施設によっては自分一人が受けもつ子供の数が多くなるなんてこともあるかもしれません。

求人案件での確認事項

企業内保育所に限らずですが、是非チェックしていただきたいポイントがあります。

  1. 雇用形態(正社員・契約社員・非常勤)
  2. 給与、福利厚生
  3. 労働時間(夜勤の有無、シフト体制、休日の規定)
  4. 保育所の規模(子供数が多いのか少ないのか)
  5. 行事・イベントの有無

5に関しては企業内保育ではあまり大規模なところはありませんが、近場に広い公園・体育館等がある施設ではそこで開催される場合もありますので、ご注意ください。

その他・まとめ

ちなみに企業内保育求人案件に特化した求人サイトもありますので、気になるかたはこのような特化型の求人サイトでエージェントに相談してみましょう。

今回ご紹介した4タイプ以外に何と言っても大切なのはそこで働く方々の人間関係も大切です。企業内保育は時間が融通きく・残業が少ないなど安易な考えでくれぐれも転職活動をしないようご注意ください。

企業内保育の求人に特化

求人サイトには企業内保育に特化したサイトもあります。
保育士求人
» 事業所内保育所への転職支援サービス【保育バランス】

もちろんこのようなサイト以外にも保育士専門(全般)の人材紹介会社は多数あります。一歩踏み出したいが本当にいいのかどうかわからない方は複数の人材紹介会社に登録して一般的な求人案件と比較する事でしっかり見つめる事ができます。サイトの有効活用していってくださいね。